ナイトブラと保湿クリームを併用して乳首の黒ずみが薄くなった

乳首の黒ずみに悩んでいた時期がありましたが保湿と保護で色が薄くなりました。
乳首に限らず皮膚が黒ずむのはこすれと乾燥が原因と聞き、確かに膝などこすれ乾燥している部分はやや黒ずんでいるなと感じました。
とても面倒ですが、毎日粘度がある保湿クリームでしっかりと乾燥予防をしてスポーツを行う時にはニップレスを貼ったりしていました。
粘度があるものを選んでいたのは肌なじみが良くサラッとした付け心地のクリームよりも、長時間保護されると感じていたからです。
極力乳首に摩擦を発生させないように、クリームが乾燥する前に塗り込む事を徹底していました。

そして、サイズの合わないブラジャーは摩擦がおきて黒ずみの原因になるので下着メーカーで採寸してもらい自分の胸にぴったりと着用できるものを選びました。
ひとくちにサイズと言ってもメーカーごとにサイズ感が若干違ったり、付け心地が違ったりもします。
店舗でひとつづつ試着して、下着選びは確実におこないました。
私は寝ている時の摩擦なども減らしたかったので睡眠時にもナイトブラと保湿クリームを併用していました。

病院で漂白クリームを買ったり、美容外科でレーザーを当てたりするよりも毎日の細かい気配りで時間は掛かりますが改善できます。

酸化して硬くなった皮脂が黒ずみに・・・

冬将軍が去って夏のお天道様が帰ってくると気になるのが普段は目に付きにくい部分のデリケートゾ-ンなどで、この部分は、自分で直視するのが難しい部位で良く見ると黒ずんだりしてはいませんか?

この部分が黒くなる原因として考えられているのは、遺伝や生まれつきだけでなくメラニン色素のいたずらから黒ずむと言われています。

メラニン色素は元々、紫外線から肌を防御するために紫外線を浴びた時に生成されるものですが、デリケートゾーンなどの部分には本来メラニン色素の活動が活発な部分なのです。

肌が下着などで摩擦されて状態が繰り返し加わることで皮膚の防御作用で角質が厚く黒くなっていくのです。

 

そして、その黒ずみは色素沈着を起こしてしまい落とすのが困難になり、皮膚を滑らかにする皮脂を分泌する皮脂腺が少ない部位なのです。

そのため、皮脂や水分が少なく少しの刺激でもダメージを受けてしまい黒ずんでしまうのです。

黒ずみの原因のひとつでもある色素沈着の予防にはビタミンC誘導体が効果的と言われています。

食事からの摂取では皮膚へなかなか到達しないので直接浸透できるビタミンC誘導体配合のジェルクリームなどを使います。

ビタミンCには高い抗酸化力がありメラニン色素の生成を促す活性酸素の発生を抑制する働きがあるのです。

最近、デリケートゾーンなどにちょっと気になる肌トラブルに多い黒ずみができてストレスになっていませんか。

その黒ずみは、毛穴の下にある皮脂腺から分泌される皮脂が離れて落ちた古い角質と混ざることで起ります。

つまり酸化して硬くなった皮脂は出口を塞ぎ、そこで詰まってしまい黒く変色して黒ずみになるのです。

その原因は上記のようなことがあげられますが食生活の乱れやストレスなども考えられます。

また、毛穴に詰まり固まった皮脂の汚れにメラニン色素が黒く際立って見えることで黒ずみにみえます。

黒ずみのないデリケートゾーンを手に入れてストレスのない毎日を楽しく過ごしましょう。

産後に乳首の黒ずみが気になり始めた

産後乳首や、デリケートゾーン、お腹などの黒ずみに悩まされました。断乳したら少しずつ戻るかなという淡い期待は打ち砕かれ一年経っても変わらぬまま。

そんな時目にしたのが肌のターンオーバーの記事でした。顔と同じように体の皮膚もターンオーバーが関係しているとしり、ボディケアも念入りにするように心がけました。

保湿クリームで気になる部分を入念にケアするようにして、乳首やお腹には美白効果のあるハトムギ化粧水を惜しみなく使い、その上から保湿クリームで蓋をするようにしました。デリケートゾーンには薄く塗りました。

保湿クリームをつけすぎるとどうしてもデリケートゾーンは蒸れてしまいますから。それと下着の擦れなどでの黒ずみを防ぐために肌に良い素材の下着を着用するようにもしました。

すると2ヶ月くらいたった頃から鏡を見るとあれ?少し薄くなってきてる?と思うようになりました。それからもケアを続けるとどんどん黒ずみが薄くなってきました。デリケートゾーンは締め付けのきつくない下着がオススメです。

ブラジャーは自分のバストにあったものがズレないので擦れることもなくオススメです。たまにお風呂で角質をとるために洗顔料に砂糖をスプーン1杯混ぜてその泡で優しく気になる部分を洗うようにするとピーリング効果のおかげか効果がありました。

時間はかかりますがお金もそんなにかからずに少し手間をかけてあげるだけで産後の黒ずみも綺麗になりました。ついでに足や腕にもクリームを塗るので気づけば全身スベスベになって全体的にワントーンは肌が明るくなりました。

私のおススメのクリームはこれです。

ブルームアッププラセンタ 口コミ

 

デリケートゾーンの黒ずみは専用のソープで殺菌

思春期の頃から乳首とデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいました。
体質的に地黒だったのである程度は仕方がないのかなとも思っていましたが、ケアを続けることによって改善した気がします。
まず最初に変えたのは下着でした。こすれるなどの刺激が原因で黒ずむと聞いたので肌触りの良く締め付けが少ないもの、下着ショップでサイズを測り直してもらい自分に合ったサイズのものに買いなおしました。
次に乳首・デリケートゾーン専用の美白クリームを使いました。肌が薄い部分なので角質が溜まりやすくターンオーバーの乱れにつながるので、普通のクリームより専用のものの方が刺激が少なく効果があるそうです。
またデリケートゾーンは専用のソープを使用していました。臭いも気になっていたので、雑菌が繁殖しやすい生理中などは重宝していました。

下着を変える、専用クリーム・ソープを使用することを2週間ほど続けただけで肌が柔らかくなったのがわかりました。
角質が取れたような感覚があり、1年も続けると黒ずみも若干薄くなった気がします。

数年後、脱毛した時に美肌・美白効果もあることを知り、VIO脱毛もしてもらいました。
すると以前よりはだいぶ薄くなったと思っていた黒ずみがさらに綺麗になりました。

セルフケアと脱毛でだいぶ改善されました。この状態を保てるようにケアを続けていきたいと考えています。

デリケートゾーンが真っ黒な私に彼氏は・・・

私が彼氏が出来てから、デリケートゾーンの黒ずみが気になるようになりました。
毎日お風呂で念入りに洗っているのに、なぜか黒ずみが落ちないのです。
彼氏にも、「黒いのはいやだ。」といわれてしまい、どうしても治したいという気持ちが強くなっていきました。
どうして黒くなってしまうんだろうかとよく考えたら、念入りに洗いすぎなのではないかと思いました。匂いや色などを気にするあまり、ごしごしとこすりすぎてしまったり、何回も洗いすぎてしまったのだと思います。
まずはそれから直していこうと考え、実行にうつしました。
お風呂で体を洗う時は、ごしごしとこすらずに優しくていねいに洗うようにしました。
今までは洗う度に黒ずみが悪化していたのですが、これだけでも黒ずみの悪化は防ぐことができました。
お風呂から出たあとは、念入りにボディークリームで保湿をしてみることにしました。これも強く塗ったりせずに、優しくていねいに全身塗りました。
そしたら、わずかですが黒ずみがなくなってきて、色が薄くなってきました。このまま続けていれば、元通りの綺麗なピンクになると思い、今でも続けています。
彼氏にも、「黒くなくなったし肌もすべすべになって、綺麗になったね」と言われ、満足しています。

乳首やデリケートゾーンの黒ずみはターンオーバーを促す

黒ずみは古い角質がいつまでもお肌に留まってしまうことによって起きます。
そこで古い角質が落ちやすくなれば解消をすることが出来ます。
お肌のターンオーバーを促すとよいでしょう。

何故古い角質が落ちにくくなってしまうのか、という原因の1つが摩擦です。
乳首やデリケートゾーンは下着が直接触れるということもあるので、どうしても摩擦が起きてしまいます。
摩擦を軽減させることは難しいので、下着の素材を替えたり、デリケートゾーンであればオリモノシートを使うなど摩擦が起こりにくくするとよいでしょう。

出来てしまった黒ずみは中々解消をさせることができません。
お肌のターンオーバーを促すことが出来る専用のソープもあるので、使ってみるとよいかもしれません。
効果には個人差がありますが、それでも使ってみる価値はあると思います。
通販でも購入をすることができますが、デリケートゾーン専用のソープも今はドラッグストアで購入をすることが出来るようになりました。
使う際にはゴシゴシ洗うのではなく、たっぷりの泡で優しく包むように洗うとよいでしょう。
泡で包んで暫くパックをしているような形にしておくと、より効果を得ることが出来るので、やってみるといいと思います。